気軽に。

寒い。とにかく寒い。最高気温が5度。朝は強い雨。実家は雪だと母からメールがくるくらい。

だからってわけじゃないけど、夕食はカレー。カレー作ると一回4皿分はできる。これは仕方ないよな。よかったら食べてと言っても嫌味じゃないよね。作り置きできるおかずだし、自分は先に食べられるし。ごはん残ってたし。


…なんてことをあれこれ考えずにやりたいようにやればいいんだよな。気軽に、重くならないように、負担に感じさせないようにと、アレコレと考えるからダメなんだよ。


アスペ本4巻再読。…ってだーかーら、こんなん読んでる時間あったら試験本読めよ自分。


今日の一日一他人行儀。
・朝、起こさない(自立への一歩的な?)

気まぐれ。

機種変したらしい。ケルベロス仕込んだろかと思う私は粘着体質かもしれない。


ベイがリードしている(勝つ)と気分がよい。多少の余裕が生まれるのは勝手だなあと思う。

帰宅時間の見込みがたたないという夫のメールを読んで、「夜食作っておこうかな、おにぎらずで。」という気持ちが生まれたのは惰性からなのか、習慣なのか、それとも。

結局、早く帰れてごはん不要との事だったから無駄に終わったけど。(自分で食べた)

f:id:namasha:20150408081926j:plain
初挑戦おにぎらず。具は海老カツ、高菜と山椒。

気晴らし。

メモ休。

断捨離してもよかったけど、なんとなくひとり家にいたくなかったので、姉の新居訪問。甥っこはあした入学式、姪は始業式で午前終わり。四人でパスタ食べて、キャッチボールして、ゲームして、ケーキ食べて、夕飯のカレーまでごちそうになって帰ってきた。

マリオパーティスーマリ、マリカーでムキになるガキンチョら、微笑ましい。遊び疲れて電池切れてスースー寝てる顔、可愛らしい。

姉に一連の流れを話しておいた。聞いてくれるだけでもありがたいが、いちばん心強かったのは、「ばあちゃんは(夫)ちゃん気に入ってたし好きだったけど、今となってはもういないし、(私)が元気でやってるほうが喜ぶと思うよ。」といってくれたこと。同じこと、友人知人に言われたりして多少は励みにしてたけど、やっぱりどこかで身内に言って欲しかったんだ、って思った。親にはまだ言えてないけど、ひとまず感謝、ありがとう。


今日の一日一他人行儀メモ。
・夫の指輪をしまった。(彼はもう身につけない宣言をしたので)
・夫在宅時の入浴は、着替えを持参し、脱衣スペースの扉を締めておくようにする。
・電話帳の表示名を修正

たたみかけるように。

昨日話切り出す前には、「俺の仕事おわったら誕生日ごはん食べに行きましょう」言うてた人が今朝の言動こちら。
「いつ帰れるか、わからないのでごはんは先に食べちゃってください」に変更しました。朝のシェイクとかも、もう(作んなくて)いいよーって。その割に飲み干してったけどな。Twitterアカウントブロックしてきたしな。、うん、わかりやすい。

マンション売却話をふられた。住み続けたい?自分の方が荷物少ないし、名義変更面倒だろうし、などなど。だからそういう短期的な目線で考えるのやめろっつの、、、、目に見えない想像するしかないものの話は、本当に苦手なんだな。


・いつもより頑な ・言ってる事が矛盾してる(ストレス元凶と、離れたいのに一年もかけるとか言われた。いろいろ説明したけど、腑に落ちないらしく、最終的に「病気だから仕方ないのかな、それにしても不思議で仕方ない。解せぬ。」って結論らしい。


とりあえず。

誕生日くらい気分良く過ごさせろ、でぶち切る。

やっと一歩。

結論から、紙を見せて話したのがよかったのかもしれない。

拍子抜けするほどの合意。心配して損した。わかった、って言ったとたん、顔から表情消えた。

決めてしまえば話は早い。
むこうはざくざくと私を避けようとする。虚ろな目。一切かかわらないよう突きつけてくる。全ては私のメンタルのためだと言いながら。

一切気遣わなくていいから、一回ゼロにしてみて、症状改善するかやってみようぜ。

…そういう一見私のためを思った提案を私に押し付けることが、逆に私の負担になることをどうしてわからないんだろう。

ただ、心の病は見えないから正直わからない、とかなんとか。
どうなった時点で完治なのか、とか。(緑の紙だした時点なのか、家売却おわったらなのか。

ローン、あとどれくらいのこってるんだっけ?とか言い出しはじめた。後一年で完済するのはさすがに厳しいかー云々。もし完済できたら如何するつもりなの?と聞いても明確な回答なし。


夫婦として一緒に暮らせない、生きていけないだけだ。ここは最低限わかってほしいと思う。

にっくき存在。

あごひげ。



指で触るとちくちくする。爪でつかむには短すぎる。



あーっイライラする!






という一日だったため仕事に集中できませんでした。能率悪!触らないようにすべく、虫さされ薬塗ってスースーさせても効果は小さく、ただただ気になる!くそー!



毛抜き、持ち歩こうかな…。

35さい定年説。

↑誰が言ったかしらんが、よくいったもんだ。別にプログラマーでもなんでもないですが。




たまーに会議のため帰社しますが、そのたびに「来なきゃよかった」と後悔します。以前なら、他PRJの話やら、一緒に仕事したことある先輩後輩の奮闘ぶりやら、自社の商材紹介も、現場に篭りがちな自分にとって多少は刺激となって「お、面白いことやってるのね、ウチもがんばろう」って思えたんだけどなー。今でも所々は楽しく聴けるんですが、会議終了する頃には「早く消えたい、いなくなりたい、会社を辞めたい」というマイナス感情にどっぷり浸かってる。なんかもう、どんな話聞いても「面白い、がんばろう」と思えなくなってる自分自身が、この仕事に携わる人間として、潮時じゃね?頭打ちなんじゃね?って突き付けられてるような気がして。




誰に言えるよ、こんなこと。


誰が理解できるよ、こんな気持ち。





塞ぎ込み一直線。いちばん奥の、仄暗い感情を隠して、表面だけ偽装して、その場限り繕って、日中淡々とこなして。





最大限、透明人間みたいに働きたい。