取引先の営業さんから突然お礼が。

はっ!?何の話ですか?ぢぶん、お礼言われるようなことなんかしたっけ・・・うーん。。と記憶の糸を手繰り寄せていると・・・

「先日、○○(=ウチのグループ会社)さんからお話がありまして・・・何でもなるとさんから我が社をご紹介いただいたそうで・・・」

紹介?したっけ?そんなこあ――――――はいはいはいはい!!思い出した。

1ヶ月前、グループ会社の人が2人やってきて、「御宅の会社の場合、某作業はどのようにやってるんですか?」と説明を求められたので答えたことがあった。元々説明役は別にいたのだが、当日急病で休んだため、「すんません、代理お願いしますっっ」と頼まれたから(しかも説明開始10分前に)。で、実際にその取引先に委託している作業内容やアウトプットの出来、値段etcを世間話に毛が生えた位のレベルで30分ほど話したんだっけ。

そんな30分から1ヵ月経ち、説明したことすら忘れたころにめちゃめちゃ感謝されたのでびっくりしてしまった。取引先にとっては、営業機会が増えて嬉しいし、こっちとしても良好な信頼関係を続けられるわけで相互に不利益なし。

自分が世間話と思っていることも、聞いた誰かの判断次第によっては、その後何かしら影響が出るんだなぁ、と実感。今回は結果オーライだからよかったけど、口は災いの元って言うし、普段から気をつけないと。