そしてまたこの歌を聴く時期がきた。

今夜のオールナイトニッポンにて、福山雅治がこの歌をが弾き語った。


二人に疲れて 一人に戻り また誰か恋しくて また繰り返す
屋根の上の猫が そんなオレを見て 珍しいモノでも見るような顔をして笑った

変わりゆく時間に 心惑わされ 今日一番の宝は 明日クズかもしんねぇ
恋人たちの手は きつく握られたまま 俺たちにもう何も見せるな 叫ぶように呟いた

12月 街はクリスマス気分 あちこちから思い出したように ジョンの声
そしてオレときたら いつもこのごろになると 何かやり残したような やわらかな後悔をする

捨ててしまえば そこからすべて 新しい暮らしが始まるワケじゃなく
屋根の上の猫が 気にするまでもなく 顔が入れ替わるだけの苦笑いがあった

干乾びた時間に 夢という水を撒く なんとか本当の出口を探し歩く
そこから何が見えたら満足なのかい オレにはわからない わからなくなった

12月 街はクリスマス気分 あちこちから思い出したように ジョンの声
そしてオレときたら いつもこのごろになると 何かやり残したような やわらかな後悔をする


毎年この時期、マシャが必ず歌ってくれる『12月』。オリジナルはSION(未だに聴いたことないですが・・・)。3年前、幸運にもリクエストはがきを読んでもらったことがある思い出の曲だ。7年前初めて聴いたとき、見えない何かに射抜かれた感覚があった。「何かやり残したような やわらかな後悔をする」・・・深い。深いです。流されるように過ごしてきた11ヶ月、偽わることがなかったか、言い訳がましくなかったか、出来ることなら遠ざけたい何かから目を背けてこなかったか、省みるきっかけを確実に与えてくれるフレーズであり、師走の慌しさの中、ふと一息ついて束の間の休憩をとるような穏やかなメロディだ。この時期に合う歌は数多くある。ラブソングだって好きだ。けれどこの時期に、現実の自分と向き合わせてくれる歌はこの曲だけだ。


流されるのはラク。でも、今夜は少し止まって考える。やり残した"何か"についてを。


                      • -

○本日の自分磨き報告。
爪磨き
ボディジェル購入(これでも毎日ウェストとお腹とヒップと太腿(って下半身全部?)をひきしめんべく頑張ってるんです・・・)
手と足の指毛抜き(生えてるんです・・・(泣))
ヘアカット&トリートメント(さらつや髪Get!(σ・∀・)σ)
指どおりいーんだ、これがv


○本日のプレゼント準備報告。
ハードビスケット(チーズケーキの材料。砕いて土台にします。88円ショップ活用。←生活に根が生えてる・・・)