美味しいごはんを健康的に食べるには

大勢で食卓を囲むに限る!!!(主張)声を大にして言いたい。というのも。


・利点その1:多種類のおかずをバランスよく適量だけ食べることができる。
昨日デパ地下(大丸東京駅店)に行ったら発狂しそうになりました。木村家あんぱんが!キハチのモンブランが!カレーパンが!チーズケーキファクトリーのチーズバーが!マキシム・ド・パリのミルフィーユが!なだ万厨房の折り詰めが!Pastelのプリンが!上海DELIのエビチリが!ロースハムが!輸入チーズが!ワインが!北海ちらしが!揚げたてクリームコロッケが!焼きたてデニッシュが!もちもちベーグルが!(※以下延々と続くので割愛)、全部買って帰りたくなるくらい美味しそうな食べ物たちをたくさん見て回り、目移りしまくって、「うおーマジやべぇ、これどうしよう、胃袋3つ欲しい!いくら食べても太らない身体だったらよかったのに・・・!(泣)」という状態になったとき考えました。


デパ地下おかずが食べたいなー。→だいたい100g〜でグラム売り→エビチリと大学芋とシーフードマリネをちょっと食べたいと仮定→エビチリ3尾、芋3つ、マリネもちょびっとだけ詰めて下さい→不可→全部最少量100gで買ったと仮定→多すぎ(あればあった分だけ食べてしまう自分も悪い)。→よって一人分だけ買うのは難しい。


だーかーら、みんなで食べる分を買って、分けて食べることによって、食べすぎを防ぐはずっ。


・利点その2:食事のスピードが遅くすることができる
普段一人で食事するときは、当然のことながら会話ナッシング、よくてTVにツッコミ入れるくらい(それも痛てぇな、おい)で、基本的には咀嚼オンリー。作るのに30分かけたとしても、食べるのはモノの10分で終了。これじゃいかん!満腹感を味わうにはゆっくり噛んで食べないと。スローフードも流行ってるし。そこで考えました。


ゆっくり噛むことは忘れがち→同じ量を食べるなら食事時間を長くすればゆっくり食べたことにはなる(気がする)→食事時間を長くするには、食事中に食べない(食べれない)時間を増やせばよい→食べない(食べれないようにする)ためには、口を他の用途に使えばよい→会話を楽しむのがいちばん!笑いもカロリー消費になる!


だーかーら、みんなで会話を楽しみながら食べることで、食べすぎを防ぐはずっ、と。


つーわけで実家にて実行。とにかく我が家はしゃべるしゃべるしゃべるしゃべる。ばーちゃんによる家の手入れ法・近所付き合いのコツ伝授・押し売り撃退講座、おかんと姉の寒いダジャレ(ギャグにもならんレベル)、姉カップルの漫才に近いやりとり(たまに殴りたくなるが一応許す)などなど、「えーっと・・・、どこからツッコんでやろうかなー」と思わずにいられんくらいしゃべる(※父は静かに飲んでます)。そのおかげで、食事に2h近くかけることができました。ちなみに、おかずを和洋折衷なラインナップで8品。デザートにはフルーツファクトリーの苺ショートに、千本松牧場のチョコアイスに、銀座あけぼのの"日本一めんどくさい桜餅"も。アルコールも少々摂りました。




その結果。




見事体重キープ!!!(゜∀゜)




決めました。これからわしの食生活は、一人なら乞食の如く、大勢となら王様の如く、で行こうかと。但し、一人の日々が長く続くと、やけ食いしてしまう可能性もあるので注意が必要。あーあ、この果てしなき食欲・・・どうにかならんかねー。誰かこの口を塞いでくれ。あっ、どーせならベロちゅーがいいなー♪(何の話だ)



現実には、寒天の黒蜜がけと蒟蒻畑がオトモダチ・・・。