春うらら、ハルウララ。

すきなひとと休みが全くかぶらないってのは、すっげぇアゲインストだよなと改めて思った。(関東では)今週末がラストチャンスであろうお花見に誘ったけれど、やーはーり仕事だそうで。こうもNGが続くと、どんどん凹んでずぶずぶと鬱入るわけで。避けられてるのかなー。コレ以上追っても逃げられるだけかなー。しつこく思われるの嫌だしなー。やっぱり友達以上を求めても無理なのかなー。つーか今年になって、何回鬱入り繰り返せば気が済むんだろ、わしってやつは。


最寄駅より徒歩1分。 最寄駅より徒歩5分。
帰り道にて撮った桜。こんなにキレイなのに、こんなに傍にあるのに、月の光もこんなにやわらかいのに。"100"のハッピーがあっても、"1"哀しいだけで凹んでしまう弱さが嫌過ぎる。


花の金曜日とは到底思えないほどブルーな状態で帰宅。長さん追悼特集番組を見た後、珍しくNHKニュースにチャンネルを切り替えてみた。ぼーっと天気予報を見た後、にんげんドキュメントが始まった。「ハルウララ 春の挑戦」。気の弱さが仇となり負け続けているけれど、“遅くても一生懸命に走る”牝馬を追った45分。彼女の澄んだ瞳に、少しだけ何かが救われたような気が。



明日は晴れる。少しは好きな自分に戻れるかもしれない。



そんな根拠のない期待をしながら眠りにつく。深く、深く。