近すぎるのも考えモノ。

こいつ、すっげーヒマだよ。どんどん仕事振ってへーきへーき。ヒマじゃないわけがねぇもん。いつも忙しいフリしてるだけ。ったく計算高いよなー。


・・・10年超クラスの師匠からすれば、4年目のわしなんかヒマ人同然なんでしょう。どう贔屓目に見たって、こなす仕事量は少ないですしね。夜遅くまで残業するのは、試行錯誤に時間がかかるから。元々技術力ないし。「忙しい」なんて言いませんよ。えぇ、言うもんですか。


こいつ、むちゃくちゃ打たれ強いですから大丈夫ですよ。


・・・何故そんなコトが言えるんですか?私、貴方のドまん前の席で、毎日泣きそうな顔しながら監視装置構築してるじゃないですか。マニュアル読んでもわからない、サポートのレスは遅い、誰もわからない、どーすりゃいいんですか。


"仕事内容がかぶらない"とか"職場が違う"など、適度な距離感があったから今までうまくやってこれたのかもしれない。お互いのアラもあまり見えないし、見ずにすむから。だけど、異動以来、師匠の些細なひとことが、いちいち私の癪に障る。仕事がらみで言われるのは、仕方がない(トリガーの基本は私の仕事処理能力不足からくるものだしな)。がしかし、業務に無関係なところで、あるいはその場のノリで、人の性格を何も知らない他人に誤った情報を広めようとするからキレそうになる。同じ職場でも別の仕事をしているときは軽く流せたのに、特に何も思わなかったのに、今では傷口に塩を塗り込められたような気分になる。怒らせたいの?泣かせたいの?悲しいやら悔しいやら腹立たしい歯がゆいやらで、反論も冗談も言い返す気にもなれない。笑顔も作れない。


誰よりもわかってると思ってたのに。