やるじゃん茨城!(2日め)

年休取得して"いばらき満喫ツアー"続行中です。5:30起床。今日もバード羽鳥アナをしっかり見てしまいました。例え年休であっても「ズームイン!SUPER」を見る習慣は体が覚えているらしいです(悲しいサガだな)。

6:00、再び渓流露天風呂へ。やっほーいちばん乗りー!!(゜∀゜)
頭にタオル巻いてます

その後おばちゃんたちもどやどや入ってきました。脱衣所で恰幅のいいおばちゃんに話かけられましたよ。「貴女たちぐらいに若いっていいわねぇ〜。もちろん私もそういう時代あったわよ。おっぱいの張りが違うのよねぇ、ちゃーんと上向きだし。ホントきれいよ貴女たち。おばーちゃん、目の保養になったわぁ。どうもありがとうねぇ。」・・・・・・一方的に有り難がられたのですが、こんなんでいーんでしょうか。

マッサージチェアで10分揉まれた後、部屋に戻って30分ほど2度寝(ぉぃ)し、朝ごはんのバイキングへ。和洋揃ってたのですが、ココはやっぱし和食で!パン中心のメニューなら普段でも食べられるしね。・・・と言いつつ、焼き立てクロワッサンの甘い匂いに惹かれて1コ食べてしまいましたが(苦笑)。1hかけて朝ごはん・・・これまた贅沢だなぁ。うん。

再度、露天に入ってお肌ぴかぴかにしてチェックアウトし、月待の滝へ。「ガラスの仮面」の撮影で使われたらしい(3ヘぇ)。珍しいことに、滝の裏側に入れるそうな。ココは安産の神様らしいのですが、わしの腹には別に何も入ってません。それでもおみくじは気になるわけで・・・・・・期待しないで引いたのがよかったのか、大吉でした(゜∀゜)。ココ半年、末吉続きだったので喜びも一入(ひとしお)。
マイナスイオンが沁みる〜〜! 濡れた蜘蛛の巣がキレイなんだな

その後、月待の滝を有名にした張本人がやってる丸太小屋造りのお店もみじ苑で、滝を見ながら汲み出し水&自家焙煎豆を使った珈琲を飲むコーヒーブレイク。ホント、最高。

そして昨日予約したゆばの里弁当を食べるべく移動。昨日迷わず来れたはずなのに何故か今日は迷走しまくり(滝汗)。15分遅れで到着。お座敷に通されて出てきたお膳には、これでもかってくらいの大豆料理。豆乳に始まり、おから、湯葉、大豆サラダ、胡麻豆腐、豆乳チーズケーキ・・・。山菜天ぷらはサクサク(こごみが美味しかったw)。中でもお気に入りは釜上げ豆腐。味は濃厚だけど、舌には残らないので、お醤油なしでイケます。豆腐からは湯気が。出来たての証拠ですねぇ〜。このボリュームで1800円なんて嬉しすぎるっ。もてなしの心詰まりすぎ!
大豆づくし!

さーて、お土産買うぞ〜。ゆばの里で湯葉ロールと豆乳と豆腐(→自分&実家向け)を買ったら、保冷剤の代わりに冷凍おからを入れてくれました。豆腐やさんにとって、おからは所詮残りカスだけど、わしにとっては嬉しいw。大子ブルワリーで地ビールとおつまみ(→姉カップル向け)、お菓子の麻呂宇土で、関取・武双山雅山も大好きな奥久慈チーズケーキ(→自分用、ソッコー食べた)を買い、初期のB'z(アルバム「RISKY」あたり)をガンガンかけて帰途につく。雨も上がっていって、夕陽がきれいでした。

「あー、好きな人欲しいなー。○○くんにはマジ悪いことしちゃったよなーって今更思うもんねぇ〜」とのたまう幼なじみと、この一年間のわしのヘタレ恋愛事情と「如何にして年下男を自分好みに育てるかの愉しさ」をコレでもかってくらい語っていたら、あっという間に地元に到着。なお、彼女からのコメントは「うっひゃー、めっちゃカワイイなー、頑張ってるなー。でもさ、だいぶ甘やかしすぎ。逆・光源氏やるにも程があるって。マジいかんよ。」でした。・・・ふ、ふふ、、、分かってるんだけどね・・・。

「夏の帰省時には、お互いキレイになっていること!」という危険な賭けをして彼女と別れ、わしは高速バスで東京駅へ。東海道線ホームのサラリーマンの波の中、いかにも旅行帰りといわんべくしたいでたちのわしが一人。違和感ありすぎです。気のせいか視線感じます。そろそろ日常に還る時間なのでしょう。

お金もそれなりに使ったけど、ばっちり充電完了。また今回みたいなプチ贅沢が出来るようにがしがし仕事しなくちゃね。「絶対また行くぞ!!」と誓って、夕食代わりの豆乳バナナを飲む私でありました。まる。



●次回の目標:ベランダ風呂付き客室&彼氏付き(真剣)。