現場にいるひと。

宅配便の再配達指定ってありますよね。いつも土日AM中か、平日夜間を指定するわしです。ココで言う"夜間"って・・・業者によって意味する時間帯が違ったりして困ります。某ゆ○パックや某ペリ○ンは19:00〜22:00、某猫系は20:00〜21:00、某飛脚系は21:00〜24:00。オークションや通販を利用すると、先方が利用する業者はもっぱら猫系が多く、シフト上20:00まで仕事する週だと、どんなに頑張っても受取に間に合わないわけです。(某飛脚系利用の千趣会がいちばんありがたい。)


んで、昨日もネットで再配達申し込みしたんですよ。「今週は遅番シフトなので、仕事早く片付けて早く帰れるよう頑張りますから!」の意味も込めて"備考欄"に「21:00ごろお願いします」と追記しての20:00〜21:00指定。しかし悲しいかな、自宅に着いたのは21:10頃(駅から走ったのに)。案の定ポストには不在連絡票。「20:20ごろ来たんですけどね〜」と示す黄色の紙。希望に添える添えないはともかくとして、備考欄ってホントに読んでくれてるのかな。


その後すぐコールセンターにTELして、再配達申し込み。なるべく21:00頃でお願いしたいと告げると、オペレーター(女性)は「それは確約出来ない」の一点張り。じゃぁ午前中は何時頃から配達しているのかと尋ねると、「それは指定出来ない」の一点張り。ちきしょう、コイツの甲高い声がムカムカしてきた。電話の向こう、作り笑顔で「出来ないったら出来ないのでございます!」って言ってるんだろうな。受付終了時間(21:30)前だったし気が立ってたのかも。あのさ、こっちだって事情があるんだっつーの!何も深夜に届けろとか言ってないじゃん。20:00〜21:00指定ができるなら、(出来る出来ないはともかく)「なるべく遅い時間で配達するようドライバーと調整してみる」ぐらい言えんの?だいたい受取人の希望通りに配達すれば1回で済むじゃん。こーやって毎日再配達対応してたら、ドライバーの足を何度も運ばせる羽目になるとか、送り主が不安になるとか考えないのかな。仮にコレが生物だったらどーするんだろう。


そんなこんなで苛立ちを露にした声で明日の夜間指定を依頼後、受話器をガチャン。ムカツク。


電話を切って1時間程するとインターフォンが。こんな時間に新聞勧誘か?と思いながら出ると・・・、おお!!ドライバー様じゃないですか!


先ほど再配達の申込みされてたようなので、今日はもうご在宅かなと思いまして伺いました・・・


スバラシイ!!(≧∀≦)!!


この機転!この気遣い!さすが現場の人だ、よくわかってる!!!もうね、嬉しくて有り難くて、何度も何度も「ありがとうございます」って言いながらハンコ押しましたよ。遅くまで仕事する羽目になったにもかかわらず、また宜しくお願いします〜って言える貴方、ほんとスバラシイ!企業のイメージって、CMなんかよりも客とのインターフェースに立つ人によって左右されるんだなぁ、と改めて実感。


ちったぁ見習え!!>猫系オペレーター(自分も)