スパスパ観音崎 /1

観音崎1泊旅行イエー!!!ヽ(>▽<)ノ


12:30、同伴者である幼なじみ(昨夏も一緒に那須旅行してます)と横浜駅で待ち合わせ。遠路はるばる地元茨城から足を運んでもらった御礼に、豆ちゃでお昼ごはんをご馳走。かなり気に入ってもらえて嬉しい♪私は一日限定25食の五穀米とつくね野菜汁膳をオーダーし、健康&美容強化モードへ突入。


お腹一杯になった後は観音崎へ移動。横浜から京急の赤い電車に乗って一時間弱と、わりと近い。最寄の馬堀海岸駅に無料送迎バスが来るはずなんだけど・・・どこで待っていればよくわからずキョロ キョロ (゜_゜ ) ( ゜_゜)。すると「あんたらホテル行くのか?バスだったら郵便局付近で待ってな!黄色いバスが来て手挙げると乗せてってくれっから!」と地元のおじちゃんからアドバイスが(感謝)。あのおじちゃん・・・毎日あーやって道案内してるんだろか。。。


送迎バスに乗り、車窓から海を見ながら10分経過。15:00観音崎京急ホテル到着。ぬおー!!ロビーから海が見える!!しかもフロントでアロハ無料貸出まで!スタッフに案内され、部屋へ一歩踏み入れると、そこに広がるのは水平線!オーシャン!オーシャン!三浦海岸!!部屋には双眼鏡だけでなく、船名と運航(通過)時刻の一覧が備え付けてあり、気配りが伺えます。幼なじみは叫びました。「ヤバイよ!ココは女とじゃなくて、男と来るところだよ!と。

確かにそう思う・・・。


アロハに着替えて、今回一番の楽しみであるSPASSOへ。ビューティー&リラクゼーションスパ・・・女性にとってはその響きがたまらない!(*´Д`)ハァハァ 早速、施設内にあるスパ「アユアラン」へ。


最近の自分、この手(バリ風?)の雰囲気に弱いっす。


個室メニューを予約しようとすると・・・何と今日も明日も満員!(゜Д゜;)!!!!!(正直舐めてかかってた、すまん。)スタッフ曰く、ちょっと前「王様のブランチ」で特集組んで以来、問い合わせや予約がすごいらしい。9月上旬まで予約が埋まってるとか。テレビの力ってスゴイ・・・。デトックス系メニューをやりたかった幼なじみはすごく残念そうだったな。オープンスペースメニューが空いていたので急いで予約。このままだとヒーリングルーム(石のベッドに横たわる低温サウナ)も危ない!?と思ったわしらは急いで1F予約受付へ行き、なんとか予約完了。


予約までの約1時間はお風呂タイム。脱衣所→けっこう狭くて体重計がなかった(不満)。露天風呂→全て海洋深層水で、ちと傷にしみて痛い(あとしょっぱい)。露天寝湯→離れてるとは言え、双眼鏡使ったら巡航してる船から丸見えじゃないか!?あと、うまく寝られるように、両手で握れる取っ手か何かが欲しいところ。水深1mのジェットバス→ウェストや下腹に当てまくり。頼む、効果出てくれ。イオンバス→お湯がまろやかで気持ちいい。ミストサウナ→めちゃくちゃハマった!超オススメ!(゜∀゜)!!!!


17:00、ヒーリングルームへ。作務衣みたいな専用着に着替え、ミネラルウォーターを飲んだ後、約40℃に暖められた部屋に入り、自分が選んだ石のベッド(=床)の上にバスタオルを敷いて、その上に仰向けになり、光と音の空間を楽しむ、という内容。幼なじみは「北投石」、私は「麦飯石」をセレクト。ちなみに「麦飯石」の効果は皮膚の弾力性を高め、血液の循環を良くするとともに皮膚の新陳代謝の促進、さらに、老化の進行を緩やかにし美白効果があると言われています。(以下略)」だそうだ。どうよ、この危機感たっぷりなセレクトは(痛)。せっかくだから「光と音」を楽しまなきゃ損だよなーと思って、何とか起きていようとしたのですが見事爆睡。起きたら汗びっしょり。なんだこれ。どっから出てきたんだこの汗。幼なじみは顔真っ赤。ひえー!!すごすぎる!!いっぱい汗かいたけどベタベタしないしキモチよかった!25分700円と安いしオススメですよー。φ(.. )メモメモ


17:30、続いてアユアランへ。予約できたのは「ハーブテント」というコース。まず、脱衣所ですっぽんぽんになり紙パンツをはいたら、パイル生地の白いバスドレスに着替える。アユアランの待合スペースに行き、準備が出来るまで白いソファに座ってハーブティーを相伴。天井からつるされた布(=テント)の中に入ると、木製のデッキチェアあり、チェアの下には、石釜(かな?よく見てないのでわからん)でハーブが炊かれている。バスドレスを脱いで、テントの中でデッキチェアに"体育館座り"すること20分。ハーブの水蒸気が全身に吸収されて、発汗と血行を促すんだって(ぶっちゃけサウナのハーブ版)。冷え性の私が、足の甲から汗かくってありえない!ポタポタ垂れる汗が椅子の下の石釜(?)に落ちて「ジュッ」って音立てるし。10分経過したときスタッフの人がお水持ってきてくれたけど一気に飲んじゃった。まさに「噴き出す」といった感じ。しかし、20分間何もしないでいるのってけっこうヘヴィ。一人分ずつテントが区切られてるので、大きな声で会話もできないし、さすがに暑くて寝られないし。美のためとは言え少々退屈でした。気持ち良かったからいいけどね。


イエーイ、お肌つるつる〜♪すっぴん上等!(←恥知らず)


テントから出た後は、再度ソファに座ってハーブティー休憩。「個室メニューどれでも50%OFF!」というクーポンを頂く。私のクーポン期限は9月末だったんだけど、幼なじみは「茨城で遠いから」ってことで10月末まで。「3万円のコースも15,000円ってこと!?それ絶対やってみたーい!!車飛ばしてまた来ますよ!」と、かなり嬉しそうでした。確かにこれはお得だと思う・・・。


汗を軽く洗い流した後は部屋に戻り、20:00まで24時間テレビをぼーっと視聴。耐久マラソンのゴールの瞬間だけだったら観てもいいかな、と。そんな感じでだらだらオフタイム。


20:00、ホテル内レストランでお夕食。会席だと量が多すぎると思ったので三崎御膳をオーダー。幼なじみの希望で追加オーダーした国産牛のフィレ肉の網焼きは柔らかくて美味。飲み物は海洋深層水の日本酒。温泉入ったからか、お酒の回りが早かったらしく、一合が限界。

三崎御膳。味は・・・まぁ普通かな。


部屋に戻り、再びまったりだらだら。化粧水をパタパタしながら「あのサプリが効く」だの「コレがカラダにイイ!」だの情報交換を続行。窓の外からは波の音が聴こえてきて、こーいう部屋はやっぱり男と泊まるところだなと、2人して実感したのでありました。

(2日目へ続く。)