昇進ためらう女性

レンドルミン服用効果により、昨日今日の夢は覚えていません。というわけで夢ネタはお休みです(挨拶)。


ぐっすり寝た感じもしないですけどね(疲

        1. +

さて、昇進も出世も興味なし("縁がない"ともいう)の人間ですが少々アンテナが立ってしまったので徒然と書いてみる。


某意見抜粋。

重い責任はもちたくない・・・というより、もてない って雰囲気満々なんですよねえ
子供が・・・旦那が・・・両親が・・・水道が・・・ごみが・・・って家庭生活を維持していくのとの両立ができる環境がないんですよ。
男性の場合はわかりませんが、女性はそういう方が大半だと思います。
会社や部下に迷惑かけてしまうって脅迫概念。


家事が滞っていても咎める相方でもないので、能力があって、その気になりさえすれば、幸いなことに、両立できる環境はあると言えるのかもしれません。(ちなみに、両名多忙極まると我が家はあっという間にスラム化します。ヾ(・・;)ォィォィ)


管理対象のメンバや業務範囲がどんどん増えるにつれて、任される裁量も広くなるでしょう。某映画であった「正しいことやりたかったら偉くなれ」に賛同できるタイプには間違いなく合ってるんだろうな、とも思えてくる。


がしかし。


自分の場合、全て「家」に目が向いてしまう。そりゃ家事の難易度は高くないけど、管理対象はたくさんあってそれらをいかに工数/コスト少なく運用するかを考えて実践するのがとても楽しい。その考えは「仕事」にも通じそうなもんですが、これがなかなかどうして、少々・・・いや、だいぶヘタ。orz



それはなぜかと問われたならば。



「家」の場合、管理対象のほとんどが自分で理解できるor把握できる「データ」として読めるからなのかな、と。「仕事」では、読めないものもでてきて攻略する前に疲れてしまう。技術的にまだまだ未熟なのもありますが、何より苦手なのが、メンバ管理。他人の心ほど扱いが難しく、難易度高いものはない。(実際管理しようと試みて、見事失敗したことあるし。)



というわけで、「家庭」=インフラと考えてる自分としては、flapやらlink-downがおこらないよう運用するほうが先です。おかげさまで安定稼動1年経過しました。



こんな性分でいろいろ申し訳ございませんです。