星が見えない。

日付がかわるころ、夜空を見上げると、一際明るい青白い星が見えました。あれは何だ?と、頭の中で回りの星と線でつなげようとしましたが、秋の夜空に長けてないのもあり、思うようにいかず、いまいち不明なまま。シリウスには早過ぎるだろうし・・・うーん?





とどのつまり、千鳥足なんだからさっさと帰りましょう、という話。