魔王。 /11

黒歴史メールがきて心拍数アーップ。とっとと帰ります。

      1. +


ついに『魔王』最終話。早かったなぁ3ヶ月。昔のドラマって13話くらいやってなかったっけ・・・。



それにしてもバタバタ人が死にまくってましたな。芹沢兄(取調室で自殺)→芹沢父(心労による発作?)→葛西(キレちゃった山野が刺殺)→山野(狂乱してナイフ振り回してたところ警官により射殺)・・・。葛西~どんだけスキだらけなんだよ。釈放されたばかりで麻里さんに指輪買っちゃう余裕はどこからくるんだ。でも、山野に背中刺されて倒れて、買ったばかりのリングケースに手を伸ばすけど届かない・・・という描写はありがちだけど好きです。一方、山野はとち狂いすぎ。成瀬領を刺すとは何事ー!?!?!?「あんたのせいだからな!」って、いやいやお前のせいだろう!!!!!コレは予想外だった。。。



お腹を刺され出血しながらも「まだ死ぬわけにはいかない」と、最後の力を振り絞り脂汗を掻きながら対決の場所に向かい出そうとする目の演技。痺れました。演出効果もあるけど、目だけで魔王モードに戻ったことが分かる。その後ろでモノローグ的にしおりへの想いを綴った手紙を読み上げる声。



「今までの過ちを捨て、新たな未来を、貴女と一緒に生きていけたら…貴女を近くに感じるたびに、何度そう夢見たかわかりません…」



むしろ私と生きてください・・・。・゚・(つД`)・゚・(←殴



このドラマ、最初から最後まで、領から「好き」とか「愛している」とかの類の言葉が一切出てこなかった。もちろんこの手紙でも。だけど真摯で純粋な気持ちは伝わってくる。あぁぁもう深い、深すぎる。




そしてラスト17分。最後の対決。息するの忘れてたんじゃないかってくらいのめりこんで視聴。「動」の直人に対し、静かに語ることが多かった領が、煽るわ叫ぶわ泣くわでハラハラ。



「これで全部終わる。ようやく、僕が僕に帰る時が来るんだ。」



自分を殺すよう直人に銃口を向けさせるシーン。・・・もういいよ、終わりにしようよ。生きてて欲しいけど、領の望みどおり撃ってあげてよ、眠らせてあげてよ~~~!って思わせるくらい、重かった。



結局、直人も領も死んでしまって。領が死ぬシーン・・・眼の光が消えていくのがわかって鳥肌覚えた。アレは照明の演出?それともおーちゃんの演技によるもの?



まぁ、このラストになっちゃうのはしょうがないのかな、と納得しつつ、3年後のエピソード。暗いトンネルを抜けるとそこは青い海でした。領と直人を象徴するかのごとく、2匹の蝶が飛んでいる・・・、うん、この描写は許す。だがしかし。




「続きはDVDで!」ってどういうこと!!!!なんすかTBSさんその販促。もしや、伏線が回収できなかったツケ、全部ココに集約?あー、めちゃくちゃ萎えた。買おうかどうしようか迷ってたけど、やっぱ(゚⊿゚)イラネ