初マンモ。

年に1度の健康診断でした。絶食きつー。(水しか飲めない)午前中のミーティングでお腹鳴らしまくりでした。恥ずかしー。


午後休とって受診。最近『余命一ヶ月の花嫁』が流行っているのもあり、話のネタにマンモグラフィーを事前に申し込んでおきました。(昨年は乳腺エコー。)


入社歴約20年上の先輩:あれは胸の大きい人ほど痛いんだってね。○○は胸ないからきっと大丈夫だよ。(^^)
わし:今左手にケータイ持ってますけどなんならこのままセクハラ110番にかけましょうか?(#^ω^)ビキビキ



・・・まったく、コレだからオヤジはどーしよーもねぇな。や、こんなジョークは普段から慣れっこですけど!そもそもわしは着痩せするタイプだっつーの!(←誇張表現です、信じないように)


んで、肝心のマンモ(それ以外の検査は去年とほぼ同じ。)。イケメンのX線技師がいるわけもなく、手馴れたおばちゃん先生でした(笑)。片方のおっぱいを撮影台に乗せて、上下の圧迫板で軽く挟んだ後、ねじで徐々に締め付けていき・・・ギニョ〜〜〜っ。痛ててててててて!!


はい、大丈夫ねー?痛くないわねー?力抜いてー。おへそまっすぐ正面向けてー、反対側のおっぱいが写りこまないように手で押さえててー。大丈夫ねー?大丈夫よー?


・・・だ、大丈夫ですけど、大丈夫じゃねぇよ!!(><)


左右のアングルも撮影するので計4回。なんか、おっぱい全体が赤くなってたし!!乳首なんてシュンと縮こまっちゃってたわよ!!(来年から乳腺エコーと交互にやろうっと・・・。)



結果は2〜3週間後ー。今年も揚げ立ておからドーナツを頬張り、ドトールで休憩して帰ったのでした。