読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍馬伝。 /11

本日の予定)洗濯3回→MCP勉強→余裕で合格→靴2足修理→ベーグルラスク&クレープ購入→帰宅してほっこり。


実績)洗濯1回MCP勉強(模擬試験正答率ダウン(;・∀・))→ギリギリ合格→靴2足修理→ベーグルラスク&クレープ購入→帰宅して一段落。



さーて会社に受験料請求するぞー!!

      1. +


第11回「土佐沸騰」ということで。



感想:龍馬さん、変わった?



見慣れてきたせいなのかわからないが、明らかに「福山臭」が抜けた(消えた)感じがする。内容的には加尾との別れによるものだと描いてるけど・・・、そうなのかなぁ。吉田東洋の台詞「おんし、何か捨てたろう」にも功を奏してるのでいいのだが。三味線爪弾くときもなんか切なげ、悲しげだったし。(あ、傍にいた猫にも萌えました)



しかし、吉田東洋(田中泯)の怪演っぷりには驚かされます。あんな人相手じゃ武市さん勝てんよ・・・。弱い犬ほどよく吠えると言うけど、ホントに力持ってる人は、動きが静かで、かつ深い、深すぎる。食えんお人。威圧感、凄みが違う。。。対し、上士の屋敷に一人でお使いに行った龍馬が、ぎゃんぎゃんうるさい外野を黙らせるのに「刀を持ってませんよ〜」と飄々としている様も好きです。何かと血の気の多い(武力に出る)人に比べて、肝が据わってる感じがたまらなく(・∀・)イイ!!



「どういてこういう始末のつけ方しかできんがぜよ?」



苦悩、葛藤っぷりはよく出てたと思う。そして動乱の世へ流れる、うつろう・・・ってことか。





一方「まるやまの芸者が楽しうて楽しうて・・・」と戻ってきた弥太郎の無邪気っぷりが救い。来週は祝言だしね。予告の「かーわーいい〜〜〜♪」に吹いたわ。


    1. +

今日はストレス発散にTVを見まくりました。



笑点」:ムーディーが猿回しやってる!しかも微笑ましい!ww好楽さんの大喜利司会、座布団インフレが起こってるぅ!!

「DB改」:先週分とまとめて見た。超サイヤ人になったねぇー。悟飯との別れのシーンでウルウルしてしまった。悟空も力があるからむやみに振り回さないもんね。フリーザがあっという間に小者に見えちゃったもん。それにしても中尾さんの喉、大丈夫だろうかw

「ガキ使」:銀だこ食いてぇ。チーズ明太子が気になります。