読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍馬伝。 /15

第15回「ふたりの京」ということで。




感想:弥太郎のノリツッコミにワロタwww(大根の折れ方とか神すぐる)



えーと・・・龍馬と加尾のラブシーンは正直お腹いっぱいです。土佐の別れは何だったのよ。加尾としては、今回のやりとり(龍馬と"夫婦みたいなことができた"日々)があったから何とか乗り越えた(もしくはこれから前向きに生きていける)気がするけど、龍馬側に加尾との再会・別れは何の意味があったんだ?加尾から勝先生情報getできてよかったねーにしか見えませんよ。「加尾とのことはキレーさっぱり吹っ切れたし、よし、本当の攘夷とは何か探しに行く・・・!」には見えないですよ。なんなんすかね、このモヤモヤした感じは。


武市サン、嫌なキャラ全開ですな。「以蔵は使えるぜよ」とか言うなて。人を「使える」「使えない」とか言うのホント嫌。(仕事するようになってよく聞くし自分も使うようになってきたから尚更・・・orz)ホントにちょっと贅沢なビール(CM)の人と同一人物?



それに引き換え以蔵タン・・・龍馬と再会できたときの無邪気な笑顔に癒されましたわ〜。幼なじみ3人でいるシーンがなんとも暖かくて切ない。自慢げに大仕事をしゃべる以蔵に対し、静かに制する龍馬サンに大きな優しさを感じました。まる。