龍馬伝。 /33

田舎の家にやたら多いもの=スーパーのレジ袋(白いの)、名入れタオル。(←ウチだけ?)



朝顔

元気なひまわり。




コスモス。暑いけど、秋ももうすぐですね。


2泊したので戻ります。ばーちゃんの手作り野菜もたっぷりもって、高速バスで一路東京駅へ。

たんぼー。1ヶ月もしたら稲刈りかな。

2時間後には東京駅。常磐道の渋滞はそれほど酷くなかったよっと。


        1. +


第33回「亀山社中の大仕事」ということで。



感想:長次郎の○○フラグ早過ぎね?!(徳への手紙とか、留学したいとか、あぁもう!)



個人的お気に入りの龍馬台詞は2つ。

大切な隠し事は必ずバレてしまうがじゃき。
私心があっては志とは言わんきにのう。


グラバーさんの「(日本を)何から守るのか?」という問いに、するりと翻す龍馬サンもよかったわ。本心はまだ誰も知らない。


終盤、料亭の小部屋でお元が珍しく感情を外に爆発させてましたが、、、んー、なんか中途半端な。目力の問題か? 個人的に、感情抑えてるときのほうが好きかも。 (好きっていうか、マシっていうか・・・)


侍を見くびっては、いかんぜよ。おまんがその戸から出る前に、わしの刀が、おまんに届いてしまうきにのう。


基本女性に対しては優しい龍馬も、キメるときは決めますな!痺れたわ。( ̄ー+ ̄)キラーン



銃と軍艦購入については交渉成立したけど、まだ手放しで信じきれない(?)桂サンと西郷サンの心がしかめッ面によく現れてた。 来週も楽しみです。(だからもう、、長次郎ー!!!)